スナックワールド

スナックワールド 最強火力アクセサリー紹介 クリティカル廃人必見

こんにちは、ミェンモチです。
今回はスナックワールドの最強火力アップのアクセサリーを紹介していきます。

またアクセサリーにも合う装備も紹介しているので、軽く最強装備の紹介にもなっていますw
それでは早速行ってみましょうっ

火力アクセサリー

名前ブルーローズブレスレット
スキル1HPドレインV3
スキル2クリティカル率アップV2
入手クエストTランク10:「ドラゴンナイト解放作戦!」
Tランク11「ズキン!再起をかけて!」

簡単に火力アップできる、クリティカル率アップV2がついたアクセサリーです。

人間性のセンスにレベル3まで振ってクリティカル率を上げておくと、これを装備するだけで体感で攻撃の4割がクリティカルを出せるようになります。

またHPドレインV3は、アクセサリー内で最高値です。

通常の攻撃では吸収値は低いですが、クリティカルが出やすいのでHP吸収効果も高まります。攻守に優れたアクセサリーです。

名前パイレーツペンダント
スキル1CダメージアップV3
スキル2レアドップ率アップV1
入手クエストTランク11:「伝説のムフフ」
Tランク11:「白熱!美食ロワイヤル!」

クリティカルダメージアップが最高値のV3付きアクセサリーです。

間違いなく最強アクセサリーです。

アクセサリーについてる値は、耐性アクセサリーや、装備などに比べるとV2が止まりだったりするのですが、パイレーツペンダントは火力系アクセサリー内で唯一、V3の最高値がついてるので火力アップの神ですね。

またスキル2にレアドロップ率アップV1もあるので素材集めもはかどります。

オススメ装備

頭装備

ドラゴンナイトヘッドM(F)

防御:140 魔法防御:135

スキル1:魔力アップV3 スキル2:ちからアップV3

ちから・魔力が51上昇します。

素材のドラゴンスケイルは、Tランク11「復活の魔王竜」クエストから入手できます。
クエストボスのスカードン自体はごり押しで倒せるため、装備は作りやすいです。

ごり押しが難しい場合は「ドラゴンスケイルの入手方法 スカードンの倒し方」を載せているので見てみてください。

下記で上げているトレジャーハンターハットFの繋ぎになります。

トレジャーハンターハットF

防御:140 魔法防御:110

スキル1:Sメーターブースト スキル2:クリティカル率アップV3

スキル2つとも超優秀、いまのところ唯一クリティカル率アップがつく頭装備です。
またクリティカル率アップV3と効果値が高く、クリティカル系アクセとの組み合わせ抜群で最終防具です。

作成には守護者の白色岩が必要で、ドラゴンナイトヘッドに比べると少し難しくなります。

素材については「守護者の白色岩の入手法」のページで紹介しています。

スポンサーリンク



服装備

服の装備はクリティカル率・ダメージアップが伸びるフレンゲルコートが相性が良くてオススメです。素材に「吸命の吸血牙」が必要になります。

フランゲルコートM

防御:130 魔法防御:125

スキル1:クリティカルダメージアップV3 スキル2:HPドレインV2

クリティカルダメージアップV3が付いています。
X技でのクリティカルだとHPが40〜80近く回復できるようになります。
HP吸収値も大きくなるので、実用性が高くなります。

火力アップに加えて、生存率が高まる、相互効果が強力です!

パイレーツペンダントと組み合わせると、クリティカルダメージアップ効果が2倍になるので超高火力になります。1発の超火力を目指すなら服はこれ一択です。

フランゲルコートF

防御:135 魔法防御:120

スキル1:クリティカル率アップV3 スキル2:HPドレインV2

単体でクリティカル率V3上げてくれます。

これにブルーローズブレスレット、トレジャーハンター装備を組み合わせると、ほとんどがクリティカル攻撃になります。全体の火力底上げが見込めます。

ミェンモチ
 クリティカル音きもちいいよ!

またクリティカルを抑えて、ダメージ効率を上げたい場合は、
ブルーローズブレスレットを、パイレーツペンダントに変えると無駄がなくオススメです。

ブルーローズブレスレットはクリティカル率V2なので、上記の中だと値が一つ下がるので変更候補になります!

まとめ

以上、最強火力アップのアクセサリーの紹介記事でした。

火力アクセサリー枠はこの2つが強すぎますね。
HP回復に全体火力の底上げができるブルーローズブレスレット、
ダメージ効率最高のパイレーツペンダントの2つが他より頭1つ分飛び抜けいます。

どちらの入手はストーリー終盤になりますが、目に見えて火力が変わるので是非入手してみてくださいっ。

最後までお読み頂きありがとうございました。